当院は外来通院でのがんの放射線治療と総合的な画像診断を行う放射線専門医による放射線を駆使した医療機関です

医療法人 秀放会 仙台総合放射線クリニック

ホーム>放射線治療>サイバーナイフ治療

サイバーナイフ治療

サイバーナイフ治療(アキュレイ社製:CyberKnifeU)

サイバーナイフ(アキュレイ製 CyberKnifeU)

CyberKnifeUは最新鋭の定位放射線治療装置で、6つの関節を持ったロボットアームに小型軽量化された直線加速器(リニアック)を搭載し、病巣へ最大1200方向から放射線を照射することが出来ます。
放射線治療の目的は、可能な限り正常組織・危険臓器への照射線量を低減させ、放射線を当てたい場所(病巣)に正確に照射することです。
CyberKnifeUは病巣に正確に照射するための機能の一つとして、治療中に患者が動いてしまった場合も1cm以内の動きであれば、ロボットアームが自動的に病巣を追尾して治療を続けることが出来ます。そのため治療中には患者さんは簡単な固定をして寝台に横になっているだけで治療を受けることができます。
また、正常組織への影響をさけるためにロボットアームの利点を活かし、直線加速器を患者さんの周囲に移動させながら少量の放射線を多方向から病巣だけに集中させて照射することで、周囲の正常組織に放射線の影響を最小限に抑える治療ができます。


治療計画画面
【治療計画画面】
左図:頭蓋内治療例
赤い病巣に対して、多方向から放射線(青色線)を照射。
右図:病巣箇所の拡大図
放射線を病巣に集中させて照射。

左図:マニピュレータ / 右図:直線加速器(リニアック)
左図:マニピュレータ
ドイツ KUKA社製の工業用ロボットで、6軸の関節を持っています。誤差0.2mm以下の精度で病巣の動きを追尾し、自動的にズレを補正します。
右図:直線加速器(リニアック)
超小型軽量(150Kg)にすることでロボットアームに装着可能となり、6MVのエネルギーを持つX線を400cGyminで発生します。

病変追尾システム
病変追尾システム

巡航ミサイルのナビゲーション機能を応用して開発された装置で、コンピュータに記憶されたCTによる病巣の3次元的位置情報と、治療毎に撮影したX線画像(X線源とX線画像撮影システムにより取得される)とを瞬時に比較して位置情報を確認し、病巣にズレが生じていればロボットアームにズレ情報を反映させ追尾させるシステムです。

サイバーナイフによる定位照射は、侵襲が少なく、ほとんどが外来通院で可能です。
当院には、入院施設はございませんが、遠方の患者様には、ホテル等を紹介いたします。
また、どうしても入院が必要な場合には協力病院を紹介いたします。

サイバーナイフによる定位照射の保険適応疾患は下記となります。

  1. 原発性、転移性脳腫瘍(数個以内、大きさは3cm程度まで。それより大きい場合はご相談下さい)
  2. 頭頚部腫瘍
  3. 脊髄AVM
  4. 転移のない原発性肺癌、肝癌
  5. ほかに転移のない転移性肺癌、肝癌

※ 4,5に関しては本施設のシステム上、脊椎から5cm程度以内に存在するものしか現在は施行できません。4,5に関してはお問い合わせください。

その他の疾患は自由診療になります 。

詳細はお問い合わせください。(022-375-1231)

放射線治療

医療法人 秀放会
仙台総合放射線クリニック

〒981-3121
宮城県仙台市
泉区上谷刈字向原21番地4
TEL:022(375)1231
  • 診療科目・診療時間
  • 画像診断 脳ドックのご案内
  • 放射線治療 サイバーナイフ治療

ページの先頭へ

医療法人 秀放会 仙台総合放射線クリニック
〒981-3121 宮城県仙台市泉区上谷刈字向原21番地4
TEL:022(375)1231 / FAX:022(346)1805
E-mail : info@sendai-roic.or.jp
URL:http://www.sendai-roic.or.jp

Copyright © 2010 医療法人 秀放会. All rights reserved.